甚平ザメくん

甚平ザメの人生の目標である成し遂げたい「旅」の概要を書くよ。

  • 日本(鳥取県境港市)→韓国(東海港)→ロシア(ウズベキスタン→ウスリークス)→中国(ハルビン経由)→中ロ国境→ロシア
  • ロシア→(中露モンゴル三国国境)→モンゴル→ロシア→ウズベキスタン→ロシア
  • ロシア→露ウズベキスタン国境→ウズベキスタン日本(鳥取県境港市)→韓国(東海港)→ロシア(ウズベキスタン→ウスリークス)→露中国境→中国(ハルビン経由)→中ロ国境→ロシア
  • ロシア(モスクワ)→バルト三国、東欧、トルコ(イスタンブール)、中近東、エジプト、アフリカ大陸
  • モロッコ→スペイン、フランス→イギリス(イングランド→ウェールズ)→アイルランド、イギリス(北アイルランド→スコットランド)→ベルギー、北欧、
  • デンマーク→(船)→アイスランド、グリーンランド、北米、中南米東側
  • アルゼンチン→チリ、中南米西側、北米、アメリカ(アラスカ州)→日本
  • 日本(大阪港)→中国、台湾、中国→北朝鮮→中国横断、インド、ネパール
  • 東南アジア、マレーシア、シンガポール、パプアニューギニア、オーストラリア
  • ニュージーランド、ミクロネシア・ポリネシア系小国、→日本。
  • 番外編:南極大陸、北極圏
出発時期

日本出発時期 :2023年4月までに

旅の全期間:およそ10年

旅の費用
1,000万円(全行程の旅費用のみ)
内訳
  • パスポート更新・ビザ取得・関連費
  • 移動費・交通費
  • 宿泊費
  • 甚平・作務衣等衣類費

それ以外のアイデア実行については、実行の可否、可能性等を検討し、費用を算出する。

自己資金およびYouTube等の収益、グッズ販売等で捻出、実績が出来てきたら、クラウドファンディングなど、出資を募る。

  1. 全ての行程を陸路または海路で移動する
  2. 飛行機は一切使わない。日本出発の際も航路(国際フェリー)で行く。
  3. 現地の文化、法律に触れない限り、甚平ザメくんを刺繍した甚平や作務衣、雪駄、和風の履物を着用して、旅をする。
  4. 1つの国家につき、原則、首都を含む2都市以上(2都市もない小国を除く)を巡る。
  5. できる限り多くの国境を巡り、写真や映像に収める。
例外
私の家族に不幸があった場合は、最寄りの空港から、日本に帰国し、また同じ空港に戻って、再び旅を続けます。

  1. 甚平ザメくんの刺繍を施した甚平または作務衣を着用し、履き物は、雪駄などを着る。
  2. 若者への外国体験:
    海外渡航経験のない若者に、2都市間をバスなどで一緒に行動するなど、体験を通じて、興味を持つきっかけを作る。VR(Virtual Reality)による疑似体験
  3. 特に、日本人になじみの少ない国などで、YouTubeなどにより、配信し、日本人と外国とを結び、また、日本に住んでいる、日本語を話せる訪問国の外国人に配信に入ってもらい、学びの機会を作る。
  4. 甚平と国境をコラボしたフォトブックを製作する。
    日本人には、なじみの少ない「国境」を人々に伝える。
    そのなんとも言えない「国境」を、甚平とともに一緒に味う。
    その写真や映像を世界に販売する。
  5. 自分が歩いている姿を上空からドローンで撮影し、映像を流す。
    とんでもない場所から、YouTube Liveなどで配信する。
    マップなどで旅路を公開し、旅を一緒に楽しめる方法を考える。
  6. YouTube、Twitter、Instagram等のSNSにより、できるだけ多くの情報を発信する。
    また、それらを世界中の人々と共有できることを大事にする。
  7. 各国の言語に翻訳し、情報を発信する。
  8. できるだけメディアにとらわれない「リアル」を大切にする。
  9. 各社の自動翻訳機の実証実験を請け負う。